Ginco Inc.

お問い合わせ

事業領域一覧

Service Domains

いま、なぜブロックチェーンなのか

今日、私たちの生活の多くはデジタル化されており、スマホ一つで様々なサービスを利用できるようになりました。その一方で、未だアナログなままの押印や契約書・請求書等の取り交わし、役所や銀行での手続きを一層不便に感じることはありませんか。生活の中で重要となる手続きほど不便なままなのは何故でしょうか。

デジタルデータは、そのデータの管理者の手でいつでも容易にコピーや修正ができるため「不変の正しさ」を担保することに不向きでした。そのため、紙などの物理的に不変な証拠を管理し、目視などでデータの正しさを再確認する作業が必要だったのです。しかし、データの改竄が困難で、複数の参加者がリアルタイムに同期しても不整合を生じさせないブロックチェーンならば、デジタルデータに正しさを担保することが可能になります。

ブロックチェーンの力で、暮らしや業務の不便さを1つ1つ解決しデジタル化を推進することで、もっとめぐり良い経済を実現していくこと。そのためにGincoは多くの企業・個人と手を携えて、ブロックチェーンの社会実装に取り組んでまいります。

デジタルアセット
01

デジタルアセット

ブロックチェーン上のデータにはコピーや改ざんが出来ないことからビットコインのような新しい価値を持つ資産が誕生しています。また、実際に取引されている証券や社債、通貨といった金融資産を既存のシステムよりも効率的にデジタル化することも可能になります。私たちGincoはこうしたデジタルアセットの発行・管理・運用に関するソリューションを複数提供しています。

ケーススタディ

暗号資産 (仮想通貨)

ブロックチェーン上の暗号資産(仮想通貨)を用いて、売買取引やデリバティブ、ローンやレンディング等の金融ビジネスが新たに生まれています。こうした事業では顧客からの預かり資産を取り扱う際のリスクを軽減し、業務を効率化することが不可欠です。Gincoは暗号資産を取り扱うお客様向けの業務用ソリューション「Ginco Enterprise Wallet」を提供しています。

Ginco Enterprise Wallet
デジタルアセット
ケーススタディ

セキュリティトークン

株式や社債、不動産ファンド持ち分などの有価証券をブロックチェーン上のセキュリティトークンとして扱うことで、小口化や管理業務の効率化を図ることが可能です。こうした事業では従来とは異なる流通・管理のシステムを開発し運用することが求められます。Gincoはセキュリティトークンの事業化を目指すお客様向けのソリューション「Ginco Securities Wallet」を提供しています。

Ginco Securities Wallet
セキュリティトークン
ケーススタディ

地域通貨 / 独自トークン

地域通貨やサービス内の独自通貨、デジタルチケットなどの基盤にブロックチェーンを用いることで、システムの堅牢性や利便性を高めることができます。こうした事業では、通貨の発行・流通システムのみならず、利用者向けや店舗向けのアプリケーションが必要となります。Gincoはこうした独自通貨システムをパッケージとして導入可能なソリューションを提供しています。

blockchainBASE
地域通貨 / 独自トークン
ケーススタディ

個人アセット管理

Gincoでは法人のお客様だけでなく、個人の暗号資産保有者向けにもサービスを提供しています。暗号資産を個人で安全に保管し送受金に利用したいというニーズに応えるために開発した個人向けウォレットアプリは、国内事業者として最多DL数と最高流通金額を誇るサービスです。

Ginco Wallet
個人アセット管理
02

デジタルID

正しい情報を参加者間で共有することに長けたブロックチェーン技術を用いれば、企業や公共団体、個人が本人確認情報や経歴情報、カルテ等の個人情報を共有できるデジタルIDプラットフォームを構築することができます。GincoではデジタルIDに関するソリューションを複数開発しており、ユーザー管理システムや経歴証明システムを提供可能です。

ケーススタディ

ユーザー管理

ブロックチェーンを用いてサービスの利用者それぞれに固有のIDを付与することにより、利用者本人の意思で個人情報の利用範囲を制御したり、複数のサービスを横断的に利用可能なプラットフォームを構築することができます。Gincoでは、汎用的なユーザー管理機能を持つ「blockchainBASE」とID管理アプリを提供しています。

blockchainBASE
ユーザー管理
ケーススタディ

経歴証明

情報の書き換えが難しいブロックチェーンに個人の経歴や実績を蓄積し企業や公的機関とが互いに連携することで、学歴や職歴を証明する基盤や金融機関等に与信を証明することが可能になります。Gincoでは、ID管理機能と証跡記録機能を持つ「blockchainBASE」を提供し、実際にHR領域のクライアント様と働き方情報の基盤づくりに取り組んでいます。

blockchainBASE
経歴証明
03

サプライチェーン

ブロックチェーン上のデータは高い透明性と追跡性、信頼性を持つため、サプライチェーンなどの証跡を管理することに適しています。また、これらの証跡をもとに支払いや受発注を自動化することも可能になります。私たちGincoはブロックチェーンを用いてサプライチェーンマネジメントに関するソリューションを提供可能です。

ケーススタディ

在庫情報管理

在庫管理システムの基盤にブロックチェーンを採用することにより、上流から下流まで一貫した在庫情報の連携と最適化が可能になります。これにより在庫ロスの削減、売れ行き予測の精緻化や流通プロセスの可視化が実現します。Gincoでは、証跡管理機能を持つ「blockchainBASE」を提供し、在庫管理に関する課題を解決するご提案を行います。

blockchainBASE
物流情報管理
04

権利の証明と行使

ブロックチェーンを用いれば、契約や取引等の権利義務に関する手続きを電子化し、プロセスの自動化や省力化を実現します。これに加えて、トークンを用いた支払い機能やスマートコントラクトを組み合わせ、あらかじめ定めた条件に沿って自動で収益分配を行ったり、権利を細分化して譲渡・貸与することが可能となります。

ケーススタディ

著作権管理

個人の作成した楽曲や映像といった著作物を特定の管理事業者ではなく、ブロックチェーン基盤に記録することにより、権利の発生時点から所在を著作者に帰属させ、収益分配や権利の利用許諾を効率化できるようになります。弊社では経済産業省の助成事業として「blockchainBASE」を用いた著作権管理基盤「HashTune」を開発しています。

blockchainBASE
権利の証明と行使